簡単・元気ダイエットサプリメント 【ラクしてよくばり甘酒酵素ゼリー】

甘酒の別名 飲む点滴

日々健康に気を付けていらっしゃる方は多いと思います。

冷やし甘酒が最近流行しましたね。

甘くておいしくて、麴が健康によさそうということで

私も冷やし甘酒をいただきました。

とってもおいしかったです。

麴が体に良さそうということはわかってはいたけど

ダイエットにも良いということで

健康を目指す方は気になることだったと思います。

飲む点滴とテレビやコマーシャルでも話題になりましたね。

飲む点滴などと言われたらなおさら気になる甘酒。

甘酒のどこがすごいのか?

砂糖が入ってなくても甘いとか?

でも子供の時母が作ったのは砂糖入ってたような・・・

甘酒の成分で体によさそうなものと言ったら麹?

麴って何?

そもそも甘酒に入っている麴の何が体に良いのか‽

そんな風に考えた方もいらっしゃたのではないでしょうか。

では甘酒で気になる麴について調べてみました。

点滴と呼ばれる元 麴って何?

はて、米麴・・・麦麹・・・きいたことはあるが・・・。

醬油に味噌、漬物に・・・入ってる。

飲む点滴と呼ばれるのは、米麴の甘酒だそうです。

麴って味噌とか作るあの麴。それに米麴。

麴ってそもそも何?とも思う方もいるでしょう。

下記の写真が米麴です。この白くて米粒みたいな粒があるのがそうです。

麴とは日本人の食生活の基本の部分を支える陰の立役者のようなものです。

日本食に基本となる味噌、醤油、漬物、日本酒などをつくるもとになるからです。

麴はそもそも菌です。

えっ?菌?って思われたでしょうか?

菌も有用菌で、納豆を作る納豆菌(ナットウキナーゼ)が有名ですね。

麴は東洋の有用微生物で、麴そのものは食べることありませんが、

発酵食品作る際にはかかせない安全無添加なうまみの元を

作ってくれる天然添加物ともいえるかもしれません。

甘酒にももちろん入っているということです。

出典 株式会社源麹研究所

甘酒は2種類あります

甘酒には米麹から作られる米麹甘酒と、酒粕から作られる酒粕甘酒の2種類があります。

“飲む点滴”と呼ばれるのは米麹甘酒の方となります。

米麴は上記の写真のものです。

米麹は蒸した米に種麹をつけて保温し、約2日かけて発酵させて作り上げるそうです。

こちらはそのままでも甘くておいしいです。

私も昔いただいたことがあります。

飲みやすくてかなりいけそうです。

アルコール成分もなくて子供にも安心して飲めるのだとか。

下記の写真は炊飯器で米と麹を入れ、10時間保温してで簡単につくったものです。

そして板状やボウル状に丸めてスーパーで売っているものが酒粕です。これです。

酒粕は日本酒作るときに出る絞ったもろみです。

これを湯で溶き、砂糖と好みで生姜で味付けします。

これもアルコール分が平気ならとってもおいしいです。

酒柏の食感も楽しいです。

私の実家は酒蔵が同じ市内にあったので冬になるとスーパーや小さな商店でも

酒粕がよく売られていて、母親がよくおやつに作ってくれたものでした。

さて、どうして米麹甘酒が“飲む点滴”と呼ばれているのでしょうか。

その秘密は両者に含有されている成分にありました。

飲む点滴の由縁

1、点滴のような栄養価

甘酒に含まれるブドウ糖は麹菌によって既に分解されているため、

エネルギー源として効率よく体内に吸収されます。

またその他にもアミノ酸、ビタミンB群、ミネラルなどが豊富に含まれているのですが、

この成分は点滴とほぼ同じと言われます。

さらに、麹菌には消化吸収を助ける働きもあるので胃腸にも優しく、

弱った体を内側からしっかりとケアしてくれます。

2、腸内環境を整える

麹菌には、腸内の善玉菌を増やす成分が含まれています。

これらの成分は、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれるので、

便秘の予防・解消にも効果的です。快調ならお肌にもいいですね。

また善玉菌は免疫活動を活性化させるため、免疫力を高めることにもつながります。

免疫力アップなら病気予防にもよさそうですね。

3、美肌効果

発酵食品である甘酒には、ビタミンB1・B2・B6・ビオチン・パントテン酸などのビタミンB群が豊富に含まれます

これらの成分は肌の新陳代謝を促進し、優れた保湿効果で肌のハリを保ってくれます。

また米麹には麹菌の産生したコウジ酸が含まれており、この成分はメラニンの抑制および黄ぐすみの抑制作用のあることもわかっています。

甘酒は「飲む点滴」であると同時に「飲む美容液」なのです。

4、ダイエットのサポートに

近年の研究で、米と米麹から作られる甘酒には「レジスタントプロテイン」と呼ばれる肥満抑制効果のあるタンパク質が多く含まれることがわかりました。

またブドウ糖には血糖値を上昇させる効果があり、少量でも空腹感を抑えてくれます。
さらに、イライラを抑えるGABAといったアミノ酸由来の物質も含んでいます。

ダイエット中に甘いものが欲しくなったり、我慢のしすぎでイライラしたりした時、心と体を優しく癒してくれる健康飲料の甘酒でぜひほっと一息ついていただきたいと思います。

出典 麹の杜公式サイト

レジスタントプロテインは・・・

タンパク質で食物繊維様なものです。

コレステロール低下作用等の効果がある。

酒粕レジスタントプロテインはコレステロール低下作用や肥満抑制作用等の効果が確認されている。

脂質をそのまま体外に排泄させていると考えられているという。

まさにダイエットむきですね

レジスタントプロテイ

ギャバは・・・

リラックス効果

脳細胞の代謝活性化作用などが、

健康情報のテレビ番組や雑誌でたびたび紹介されてます。

興奮を鎮めたり、リラックスをもたらしたりする役割を果たしてるとか。

ダイエット中には必要不可欠の要素ですね。

ギャバ

美容のためにこの米麹の良さを取り入れるのにも毎日甘酒を飲むというのも大変ですね。

毎日米麴を作ったり買うというのも大変でしょう。

そんな方に手軽に取れる商品があります。

甘酒と121種類の植物酵素【ラクしてよくばり甘酒酵素ゼリー】



米と米麹だけで造った「甘酒」に121種類の植物酵素を配合、スティックタイプのゼリー
ダイエットやパワーUPに!
女性の美と健康にうれしい成分がたっぷり!

体にいいというところが本当にいい!!

ということで口コミをみてみました。

口コミ情報

とにかく美味しい。私の好きな味。

話題の甘酒に酵素まで。これならきたいできるかも!続けます

半信半疑だったけど続けていたらスッキリしてきた。

アルコールが入っていないので安心。

おやつ代わりに食べてますお菓子よりヘルシーだし体にいいものだから積極的に食べてます。

体重計が怖くなくなりました(笑)

鏡見てびっくり!甘酒?酵素?それとも相乗効果?わたしだけじゃもったいない。母にも食べさせます。

などなど、意見がありました。

しかも今ならとってもお得です。

薄着になる春や夏に向けて健康的ですね。女性ならではの悩みを解決しながらできるのもいいですね。


では気になる点を質問をしてみました。

ℚ一日何本までなら大丈夫でしょうか?

多量に摂取しますとおなかがゆるくなったり、お菓子や清涼飲料水との摂取量により糖質のとりすぎの原因ともなりますので、1日1包~2包を目安にお召し上がりください。それ以上は体重、体質、摂取間隔時間などによってプラス1から2包ぐらいが目安としてください。

ℚ保管方法で気を付けることはありますか?

直射日光及び高温多湿を避けて保存してください。開封後は冷蔵庫で保管も可能ですができるだけその日のうちにお召し上がりください。

ℚ冷やしたり凍らせて食べても大丈夫でしょうか

夏場など冷やして召し上がるのは大変おいしくなりおすすめです。また凍らせてシャーベット状にしてもおいしいですが小さなお子様や高齢者の方等、咀嚼の弱い方は喉に詰まらせる恐れがありますので避けてください。

ℚ妊婦や授乳中は食べてはいけないのですか?

ラクしてよくばり甘酒酵素ゼリーは食品ですので妊婦の方や授乳中の方の中で召し上がっている場合もありますが、必ず担当医にご相談の上召し上がってください。また、ダイエット目的で摂取される方は母体に負担かかる恐れがありますのでおやめください。

ℚ子供が食べても大丈夫でしょうか?

ラクしてよくばり甘酒酵素ゼリーはノンアルコールですのでお子様も召し上がることができます。ゼリー状のものを無理なくのみこめる3歳以上のお子様からおとりいただけます。目安量はお子様の体重をもとに減らしてください。




まとめ

これなら簡単にダイエットもできそうですね。

一番いいのは体内を整え、元気にダイエットです。

これから夏のデザートみたいにしても美味しそうです。

これでまた今年も酵素がはやるかもしれないですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする